我楽旅 | GARAKUTA

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

記事

一定期間更新がないため広告を表示しています

+ ラトヴィア料理 +

独断と偏見指数 : ★★★★☆

Māja

カルンツィエマ・クヴァルタゥス内にあるラトヴィア料理のレストラン。外観が可愛ければ内装も可愛い、ヘンゼルとグレーテルに出てきそうな建物は女の子が問答無用で気に入ること間違いなし。

カルンツィエマ・クヴァルタゥスの記事ではちょっと書きそびれちゃったんだけど、元々この辺はほんの10年ほど前までハイオクが立ち並ぶエリアだったのが、地元の建築家が見事に修復・再生し、文化的空間へと変貌。人気エリアへと生まれ変わったのだそう。

今や流行発信地として名を馳せてるロンドンのイーストエンドやパリの北マレなんかも元々は寂びれた治安が悪い地域だったんだけど、家賃の安さに惹かれた若手アーティストやクリエイターが住みはじめて、どんどんお洒落エリアに変身したわけだもんね。

リガのこのエリアもそんな感じでこれからますます目が離せない地域になっていくかも。

レストランについては、これまで何度も話したようにバルト海沿岸の料理って申し訳ないけど、私にはイマイチ違いがよくわからないので、ぜひ自分の舌で味わってみてください。

お店の雰囲気とか料理の盛り付け方に関して言うと、個人的にはここが一番好みだったかな。デザートも凝ってたし。

でも料理は他にもラトヴィア料理の店に2軒行ったけど、どこも同じようで、正直他にないのかなって思った…あー言ってしまった…それなりに美味しいんだけどねー飽きる…

Māja Māja Māja Māja Māja Māja Māja Māja Māja Māja Māja Māja
 

<< INFORMATION >>

住所 : Kalnciema iela 37-5, Rīga LV-1046

TEL : +371 6761 6304

営業時間 : 月〜金 11:00〜22:00 / 土&日 12:00〜22:00

定休日 : 無休

アクセス :【トロリーバス】Melnsila iela / Kapseļu iela - 5番、7番、9番、25番 / 【トラム】Kalnciema iela - 4番、5番

HP : http://www.restoransmaja.lv/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 1日1回、わん!クリックお願いします 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!
+ ラトヴィア料理 +

独断と偏見指数 : ★★★★☆

LIDO

レストランというより、テーマパーク…だね。広い敷地内にはメリーゴーランドやトランポリン、巨大滑り台などの遊具の他、ミニトレインが走っていたり、ポニーの体験乗馬ができたり、家族揃って楽しめる場所。

レストランの建物は北欧一とも言われる巨大な木造建築で、地下1階、地上2階の3フロアにそれぞれ異なったスタイルの食事を提供していて、地下がリーズナブルなビストロ、1階はセルフサービスのカフェテリア、2階がレストラン。

ちょうどクリスマス直前だったこともあって、店内は美しく飾り付けられてて、とっても華やかでした。私たちが利用したのは2階で、ビュッフェスタイルだったんだけど(飲み物とメインは別)、この時点で私すでにお腹いっぱいでさ。

取材旅行だと大体こうなるんだけど、旅行が進むにつれてどんどん小食になっていくんだよ。もうバカバカ食べられる年齢じゃないので、3食しっかり提供されると消化が追い付かなくて食事量が日々減っていくという。

特に同じ物がどーんと来られるともうダメ。見ただけで食欲が失せる。そんなわけでこのときもメインは魚料理にしたのに半分ほどしか食べられず(残すの嫌いなのに…)、あとはサラダとデザートちょびっと摘まんで終わり。

お腹が空いてたらたくさん食べられたのに残念。リドはラトヴィア料理の店なんだけど、私んお率直な感想としては料理のレベル自体はこういうコンセプトの店だし、まぁ普通だけど、遊園地があったり、素敵な木造建築の建物だったり、総合的に判断すると、ぜひ1度は足を伸ばしてみるといいかなと思います。

まぁちょっと旧市街からだと行きにくいんだけどね。以前は旧市街から無料バスが運行されてたみたいだけど、公式サイトを見る限り何も言及はないので、現在は廃止されてるみたい。

というわけで、私としてはタクシー利用がお勧めかな。トラムやバスでも行けるけど、タクシーの方がきっと早くて便利。

LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO LIDO
 

<< INFORMATION >>

住所 : Krasta iela 76, Rīga LV-1019

TEL : +371 6750 4420 / +371 6770 0000

営業時間 : 11:00〜23:00

定休日 : 無休

アクセス : LIDO - トラム:3番、7番、9番 / バス:12番

HP : http://www.lido.lv/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 1日1回、わん!クリックお願いします 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!
+ チョコレート +

独断と偏見指数 : ★★★☆☆

Laima

ラトヴィアでは知らない人がいないというほど有名なライマ。日本で言ったら、森永とかグリコとかそんな感じかな?市内に幾つも店舗を持ち、スーパーでも売っているラトヴィアの国民的チョコレートブランドです。

1870年にドイツ人企業家Theodor Riegertによって設立されたのが最初らしいんだけど、ラトヴィアのお菓子業界って何やら複雑〜な歴史を辿ってて、この最初のチョコレートショップも当初は“Laima”ではなく、“AS Riegert”としてスタート。

その後、1881年にお菓子のみならず缶詰も製造販売する多角的な“Geginger's factory”というメーカーが設立され、Theodor Riegertの“AS Riegert”とはライバル同士に。

バルト三国やロシアでも人気だったみたいなんだけど、そうこうするうちにお膝元のラトヴィアでは1910年に創業した“Staburadze”が急成長。恐らくラトヴィア人(Vilhelms Ķuze)によって設立されたブランドだったからだろうね。

さらに1921年には新たなチョコレートショップがオープンし、これが“Laima”。え?だったら、1870年創業っておかしくない?1921年の間違いでは?って思うよね。

実はここからがまたややこしくて、人気とともに拡大していった“Laima”だけど、数年後にリガから撤退。でも1937年にラトヴィア政府が“AS Riegert”と“Laima”の株を購入し、ここに両社は合併。

一方、“Geginger's factory”と“Staburadze”は1940年に旧ソ連によって国有化され、ソ連向けの商品に注力するようになり、国内向けに主眼を置いた“Laima”とは路線が分かれ、ラトヴィア独立後にお菓子業界の再編が行われたときには、“Laima”を中心に再編され、結果、ラトヴィアで最も有名なチョコレートブランドは“Laima”となったわけです。

まぁ結局は今までの色んなブランドが最終的に“Laima”に集約されたってことだから、一番最初にリガでチョコレートショップをオープンした年がそのまま“Laima”の創業年になるって理屈だよね。

何かちょっと不思議な気はするけど、合併を繰り返してるメガバンクみたいなものか。ま、それはともかく。こんな有名なライマチョコレートだけど、私まだ1度も食べたことないんだよね。

何度も言うけど、チョコレートってそこまで好きじゃないから優先順位が低くて。機会があれば食べてみたいけど。そうそう、リガの新市街と旧市街の境界にはライマが寄贈した時計塔が立ってるんだけど、リガっ子の待ち合わせ場所になってます。

Laima
 

<< INFORMATION >>

住所 : Kaļķu iela 28, Rīga LV-1050

TEL : +371 6722 0808 / +371 2962 8348

営業時間 : 月〜金 8:00〜23:00 / 土&日 9:00〜23:00

定休日 : 無休

アクセス : 旧市街、市庁舎から徒歩5分

HP : http://www.laima.lv/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 1日1回、わん!クリックお願いします 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!
最新のコメント
フリースペース2
Information
◆ 著作権について ◆
「我楽旅」内の文章及び画像の著作権は管理人に帰属します。他のブログ・HP・掲示板等への転載・使用・コピーはご遠慮ください。

◆ リンクについて ◆
「我楽旅」はリンクフリーです。報告も必要ありませんので、貼ったり切ったり、ご自由にどうぞ♪
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
フリースペース1
Ranking
ランキング参加中。励みになるので、1日1回ポチッと宜しくお願いします!
ご飯まだ?

何かくれるの?
If you like this blog, please click these banners above once a day. Thank you!
フリースペース3
Follow us
twitter_logo Liv / in Japanese
twitter_logo Kaoloon / in English
フリースペース5
ロンドンバスのすゝめ
ブログで書いている『ロンドンバスのすゝめ』が電子書籍になりました!試し読みもできます。ロンドン旅行のおトモにいかがでしょうか。

ロンドンバスのすゝめ
フリースペース4
Parfum et Prunelle
オリジナルのレース小物・雑貨を販売しています。

iichi creema minne

↓↓facebook↓↓ Parfum et Prunelle
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.