我楽旅 | GARAKUTA

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

記事

一定期間更新がないため広告を表示しています

+ B&B +

独断と偏見指数 : ★★★★★

Broadlands Guest House

日本人にも大人気の湖水地方にある3つ星B&B。伝統的なビクトリア様式の家はとってもキュートで、親切でフレンドリーなオーナー夫妻の人柄と相俟ってまるで自宅にいるような居心地のよさです。

宿泊したのは数年前だから、何で此処を選んだのかあんまりよく覚えてないんだけど、ほんとに素敵なB&Bで、我ながらグッジョブ‼って感じだったよ。3つ星宿泊施設の僅か上位10%にしか与えられないAAゴールドスター3つ星を受賞しているのも納得だった。

部屋は写真を見ての通り、とってもエレガントでベッドもふかふかで快適。無料Wi-Fi、ヘアドライヤー、薄型テレビ、紅茶/コーヒーメーカー、バスアメニティが完備され、広さもスーツケースを広げられるくらい十分。

ウィンダミア駅から徒歩10分だけど、駅からB&Bまでウィンダミア村の中心を通っていくので、そんな距離を歩いたって実感がなかったな。途中に可愛いお店が点在してるので、それを見ながら歩いてると、B&Bまであっという間だったよ。

ウィンダミアはピーター・ラビットの故郷、ヒル・トップに行くときの拠点になる村で、私も此処から隣村のボゥネスまで行き、対岸に渡ったからね。ちなみにウィンダミアからボゥネスまでは徒歩15分〜20分。

バスも出てるけど、一々待つのが面倒くさかったので、毎回歩いてた。オーナーのジェニファーさんから素敵な裏道も教えてもらったしね。お蔭で超ラブリーな仔猫に会えたし。あとバンビにも♪(ついでに羊にも)

朝食は地元産の食材を使用したフル・イングリッシュ・ブレックファスト。毎回思うけど、フル・イングリッシュ・ブレックファストってすごいボリューム。そして実はあまりヘルシーじゃない。よって、イギリス人すらも滅多に食べないんだよね。でもたまに食べると美味しい。

ブロードランズ・ゲスト・ハウスのフル・イングリッシュ・ブレックファストは、フレッシュジュース(オレンジ・林檎・クランベリーの3種類)に、珈琲 or 紅茶、トースト(ホワイトかブラウンか選択可能)、シリアル、フルーツ数種、ソーセージ、目玉焼き、グリルトマト、ベーコン、グリル・マッシュルーム、豆のケチャップ煮、ハッシュドブラウンポテトで、朝からめちゃくちゃお腹いっぱいになりました。

しかもその状態でボゥネスまで行かなきゃならなかったから大変(朝一番のフェリーでヒル・トップに行く予定だった)。しまった、朝食フルじゃなくてハーフにすればよかったって途中何度か後悔したからね(^^;)

そう、ブロードランズ・ゲスト・ハウスは朝食メニューが2種類から選べるんだよね。1つは上記のフル・イングリッシュ・ブレックファスト。もう1つがフレッシュジュース、珈琲 or 紅茶、トースト、シリアル、フルーツ数種、卵料理(ゆで卵 or ポーチドエッグ or スクランブルエッグ)のライトミール。

此処には2泊して、2泊目はライトミールにしてみたんだけど、ライトミールでちょうどよかったよ。でも、せっかくイギリスのB&Bに泊まるなら1回はフル・イングリッシュ・ブレックファストは食べたいからね。

もし量が不安だという人は、複数で滞在する場合、1人がフル・イングリッシュ・ブレックファスト、1人がライトミールにしてシェアすればいいと思います。1人旅の場合はシリアルを食べない、もしくは極少量にするって感じかな。

Broadlands Guest House Broadlands Guest House Broadlands Guest House Broadlands Guest House Broadlands Guest House Broadlands Guest House Broadlands Guest House Broadlands Guest House
 

<< INFORMATION >>

住所 : 19 Broad Street, Windermere, Cumbria LA23 2AB

TEL : +44 (0)15 3944 6532

チェックイン / チェックアウト : チェックイン 14:00 / チェックアウト 10:00

客室 : 3室

宿泊料金 : £30〜£50/1人

アクセス : Windermere Station

HP : http://www.broadlandsbedandbreakfast.co.uk/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ The Corner Shop (ザ・コーナー・ショップ) ++
住所 : Main Road, Windermere LA23 1PY  TEL : +44 (0)15 3944 4100
+ カフェ +

独断と偏見指数 : ★★★★☆

スープセット

ボゥネスにあるワールド・オブ・ビアトリクス・ポター・アトラクション内のティー・ルームでのランチを時間の関係で泣く泣く諦めた私たちが、そのあとウィンダミアで思いがけずに見つけた素敵なティー・ルームがここ。隣には同系列のベーカリーがあります。

ティー・ルーム探しで活用した雑誌曰く、地方のティー・ルームは地元客だけでやっていけるためHPなどはないという言葉通り、ネット上では詳しい情報を見つけることができなかったんだけど、掛け値なしにお勧めのティー・ルームです。

外観がそもそも目を惹く、3匹のこぶたに出てきそうな石を積み重ねた建物なうえ、1歩中に入ると、素朴な外観とは逆にポップな色合いで可愛らしくまとめられた居心地のよい空間。ゆったりと寛げるソファから店内を飾るオブジェまでとても凝っていて、ひと目で虜に。

しかも肝心の料理も予想に反して(正直あまり期待してなかった)すごく美味しくて、行き当たりばったりで入ったとは思えないほどの素晴らしいティー・ルームに大満足。スープセットとカフェラテを注文したんだけど、スープは野菜たっぷり、具だくさんのミネストローネで心身ともに癒されたよ。

付け合わせのパンもシンプルな味でバターによく合って美味しかったしね。だけど何よりこのティー・ルームがその辺のちょっとしたティー・ルームとは違うんだなと思ったのが、湖水地方の名店ファラーズの製品を使っていたこと。

会計のときにレジ横にファラーズの人気商品『Lakeland Special (レイクランド・スペシャル)』が積んであったのを見て気がついたよ。どおりで魅力溢れるティー・ルームなはずだよね。ウィンダミアに行ったときは是非立ち寄ってみてください。お勧めです。

店内 外観
 

<< INFORMATION >>

住所 : 7 Oak Street, Windermere, Cumbria LA23 1EN

TEL : +44 (0)15 3944 6584

営業時間 : 10:00〜16:00 ※土曜日のみ 10:00〜17:00

定休日 : 火曜日

カード : 不明

アクセス : Windermere Station (ウィンダミア駅)から徒歩10分

HP : http://www.coffeebar7.co.uk/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ The Oak Street Bakery (オークストリート・ベーカリー) ++
住所 : 1 Oak Street, Windermere LA23 1BH  TEL : +44 (0)15 3944 8284
営業時間 : 8:00〜15:00  定休日 : 日曜日
+ ショコラトリー +

独断と偏見指数 : ★★★★☆

Chocolate House

ヨーロッパ人って国問わず人種問わずチョコレートが大好きだよね。チョコレートで有名なベルギーやフランスは言わずもがな、ウィーンやプラハにも素敵なショコラトリーがあったし、『食』に関しては神経が鈍い、ここイギリスだってチョコレート・ショップだけは他の国に負けてない。

湖水地方の田舎にあってさえ、こんな魅力的なショコラトリーがあるんだから、如何(いか)にチョコレートが彼らの生活に根ざしてるかわかるよね。1630年代に建てられた元は住居だった石造りの建物は、その後パン屋、アンティーク・ショップ、旅行代理店、婦人服ショップを経て、現在のショコラトリーに。

1階がショップ&カフェで2階がチョコレート・ロフト。ちょっとしたミュージアムだね。ショップには創業当時のレシピによる数百種類の手作りチョコレートが並び、カフェでは18種類のチョコレート・ドリンクに、14種類の手作りチョコレート・ケーキ、チョコレート・アイスクリームを堪能できます。

まさにチョコレート尽くしだね。14種類のチョコレート・ケーキもけっこう凄いけど、18種類のチョコレート・ドリンクは圧巻。どんなカフェでもこんなにチョコレート・ドリンクのメニューが揃ってるところなんてないよ。ぜひ味わってみたかった…!!

実はこの店に着いたとき閉店間際で、17世紀の衣装に身を包んだ可愛いスタッフのお姉さんに“もうすぐ閉店なのでごめんなさい”って入店を断られちゃったんだよね。それもこれも参考にした本に載っていた地図がデタラメだったから!!

ファラーズを出たあと、ずーっと迷ってたんだよ。地図が正確だったら十分余裕で入店することができたのに。本で紹介するんだったら、もっと情報に責任持ってほしいよね。2階のチョコレート・ロフトではチョコレートの歴史を学んだり、製造過程のDVDを見ることができます。

Chocolate House
 

<< INFORMATION >>

住所 : 54 Branthwaite Brow, Kendal, Cumbria LA9 4TX

TEL : +44 (0)15 3974 0702

営業時間 : レストラン 10:00〜16:30 / ショップ 9:30〜17:00

定休日 : 日曜日

カード : 不明

アクセス : Windermere Station (ウィンダミア駅)からバスでKendal (ケンダル)下車、徒歩15分

HP : http://www.chocolatehouse1657.co.uk/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ Abbot Hall Art Gallery (アボット・ホール・アート・ギャラリー) ++
住所 : Kendal, Cumbria LA9 5AL  TEL : +44 (0)15 3972 2464
開館時間 : 3月〜10月 10:30〜17:00 / 11月〜2月 10:30〜16:00
閉館日 : 日曜日
観覧料 : 大人 £6.20 / 16歳未満&フルタイムの学生 無料
HP : http://www.abbothall.org.uk/
最新のコメント
フリースペース2
Information
◆ 著作権について ◆
「我楽旅」内の文章及び画像の著作権は管理人に帰属します。他のブログ・HP・掲示板等への転載・使用・コピーはご遠慮ください。

◆ リンクについて ◆
「我楽旅」はリンクフリーです。報告も必要ありませんので、貼ったり切ったり、ご自由にどうぞ♪
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
フリースペース1
Ranking
ランキング参加中。励みになるので、1日1回ポチッと宜しくお願いします!
ご飯まだ?

何かくれるの?
If you like this blog, please click these banners above once a day. Thank you!
フリースペース3
Follow us
twitter_logo Liv / in Japanese
twitter_logo Kaoloon / in English
フリースペース5
ロンドンバスのすゝめ
ブログで書いている『ロンドンバスのすゝめ』が電子書籍になりました!試し読みもできます。ロンドン旅行のおトモにいかがでしょうか。

ロンドンバスのすゝめ
フリースペース4
Parfum et Prunelle
オリジナルのレース小物・雑貨を販売しています。

iichi creema minne

↓↓facebook↓↓ Parfum et Prunelle
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.