我楽旅 | GARAKUTA

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

記事

一定期間更新がないため広告を表示しています

+ フレンチ +

独断と偏見指数 : ★★★★★

Restaurant Du Guesclin

オテル・デュ・ゲシュランに併設されているレストラン。モン・サン=ミシェルの島内にあるレストランは総てホテル内レストランなので、大抵は宿泊したホテルのレストランを利用することになるんじゃないかな。

オテル・デュ・ゲシュランはホテルも口コミで高評価なら、レストランも評判が良かったので、他のレストランをチェックすることなく、チェックインの時点でディナーの予約を入れたと思うんだけど、噂に違わず素晴らしいレストランでした。

スタッフはとっても気さくで雰囲気がよく、肝心の料理もめちゃ美味しかったので、ワインが進む進む。結局4人で白・ロゼ・赤と3本空け、見事な酔っ払いの出来上がり。陽気な日本人4人組はかーなーりレストラン内で目立ってました。

だって周りのお客さん、みんなこっちを見て笑ってんだもん。別に嫌な笑いじゃなく、楽しそうだねーって感じで。私たちのテーブルに付いてくれたのは若いギャルソンだったんだけど、この子がまたいい子でね。ちょっとシャイな感じがさらに可愛かった(^^)

それにしても料理はとっても美味しかったんだけど、写真を見るとわかる通り、量が半端じゃなくてモン・サン=ミシェル名物のオムレツを残してしまったのが心残り。まぁ名物とは言え、昔のご馳走だから、はっきり言ってそれほど美味しくはなかったけど、だからと言って残したくはなかったなー。

でもどう頑張ってもあれ以上は入らなかったから仕方ないけど。でもオムレツ以外は完食したからね! 私たちはコースにしたんだけど、もし写真を見て食べ切れるか心配な人はアラカルトで頼んでもいいかも。

お勧めはやっぱりブルターニュ特産の牡蠣(モン・サン=ミシェルはノルマンディー地方だけど、ブルターニュとの県境にあるので美味しいです)。あとサラダも野菜たっぷりで美味でした。ムール貝も美味しかったんだけど、シェ・ジャヌーのムール貝の味付けの方が好みだった。

ところでコースにしたからデザートが付いてるはずなのに、デザートの写真がないのは何故!?

Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin Restaurant Du Guesclin
 

<< INFORMATION >>

住所 : Grande Rue 50170 Le Mont-Saint-Michel

TEL : +33 (0)2 3360 1410

営業時間 :

定休日 : 火曜日夜&水曜日(夏季は毎日営業)、11月上旬〜3月末

アクセス : Paris Montparnasse(パリ・モンパルナス)駅からTGV(高速列車)でRennes(レンヌ)駅まで2時間〜2時間30分。Rennes(レンヌ)駅北口から直通バスでMont Saint-Michel(モン・サン=ミシェル)まで1時間30分。

HP : http://www.hotelduguesclin.com/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ L'Auberge Saint-Pierre (オーベルジュ・サン・ピエール) ++
住所 : Grande Rue 50170 Le Mont-Saint-Michel  TEL : +33 (0)2 3360 1403
HP :
http://www.auberge-saint-pierre.fr/
+ ホテル +

独断と偏見指数 : ★★★★★

Hôtel Du Guesclin

モン・サン=ミシェルに行ったときに泊まったホテルが此処。コスパが抜群で部屋は清潔、内装も見ての通り可愛らしく、スタッフもフレンドリー。何より日本人利用客がほぼ皆無ってところがよかったね。

その上、美味しいレストランも併設されてるし、口コミで書かれてるように鍵の開閉がちょっと、かなり大変だったけど、その他が素晴らしいので許容範囲。そもそも私は此処に限らず、ヨーロッパの鍵とは相性が悪いからね。

ロンドンに住んでたときも、自分の家の鍵すらスムーズに開けられるようになるまでけっこう時間がかかったし、友達の家に遊びに行けば、トイレの鍵が開けられなくなって暫く閉じ込められたり(あのときはかなり焦った)。

鍵以外はほんと何の不満もなく総てにおいてパーフェクトなホテルで、部屋からは湾が臨めたし、部屋は思ったより広く、お湯の出も文句なし。朝食(別料金)もボリュームたっぷりで美味しかった。

飲み物をショコラ・ショーにしたんだけど、なみなみと注がれた大きなピッチャーでサーブされたので、てっきり4人分かと思ったら(私たちは4人で宿泊したので)、2人分って言われて全員目が飛び出そうになったよ。

クロワッサンやフランスパンのでかさも半端じゃなく、あんなに大きなクロワッサンを見たのは初めて。朝食はパンの盛り合わせ(ジャム&バター付)+ヨーグルト+オレンジジュース+珈琲 or 紅茶 or ショコラ・ショー。

パンはこれほど多くなくていいので、ミニ・サラダかゆで卵が付いてるともっと嬉しかったけど、これでも十分。

島内の飲食店はホテルに併設されている店しかなく、朝食の時間帯はど何処もまだ開いてないので、島内ホテルに宿泊する場合はそのホテルで朝食を取ることを勧めます。

Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin Hôtel Du Guesclin
 

<< INFORMATION >>

住所 : Grande Rue 50170 Le Mont-Saint-Michel

TEL : +33 (0)2 3360 1410

チェックイン / チェックアウト : チェックイン 14:00 / チェックアウト 10:00

客室 : 10室

宿泊料金 : 68 €〜93 € ※朝食(コンチネンタル・ブレックファスト)別途 9 €/1人

アクセス : Paris Montparnasse(パリ・モンパルナス)駅からTGV(高速列車)でRennes(レンヌ)駅まで2時間〜2時間30分。Rennes(レンヌ)駅北口から直通バスでMont Saint-Michel(モン・サン=ミシェル)まで1時間30分。

HP : http://www.hotelduguesclin.com/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ L'Auberge Saint-Pierre (オーベルジュ・サン・ピエール) ++
住所 : Grande Rue 50170 Le Mont-Saint-Michel  TEL : +33 (0)2 3360 1403
HP :
http://www.auberge-saint-pierre.fr/
+ 観光名所 +

独断と偏見指数 : ★★★★★

Mont Saint-Michel

個人では行きにくいと思ってたけど、調べてみたら案外簡単に行けたモン・サン=ミシェル。現地のSNCF窓口で発券しなきゃいけないのがちょっと面倒だけど、電車もバスもインターネットで予約できちゃうんだから、便利だよね。

フランスではパリ以外の観光名所として、恐らくヴェルサイユ宮殿と並んで真っ先に名前が挙がるモン・サン=ミシェル。個人的にほんっとうに行ってよかったと思う観光名所の1つです。

1泊したから文字通り島の隅から隅まで見て回れたのも大きいと思う。天気にも恵まれ、多くの日帰り観光客が退ける午後3時以降は疎らにしか人が残ってなくて、モン・サン=ミシェルを独り占め状態!!

多くの人がモン・サン=ミシェルでは1泊するべきって書いてたけど、まさにその通り。ライトアップされた姿や満潮時の景観を見るというだけでなく、モン・サン=ミシェルはゆっくり時間を取って堪能してほしい。その価値があります。

そして1泊するのであれば、やはり島内泊がお勧め。世界遺産に宿泊できる機会なんてそうそうないしね。それに対岸からだと島の全景が見られるけど、島内だとのんびりできるし、それこそ夜だろうが朝だろうが好きなときに島を散策できるのも魅力。

他にも例えば、私たちみたいに夕食で食べ過ぎ、飲み過ぎても(4人で赤・白・ロゼのワイン3本空け、全員気持ちよーく酔っ払いました。だって料理もワインもめっちゃ美味しかったんだもん)島内泊だとすぐに部屋に戻れるから楽だしね。

そうそう、モン・サン=ミシェル名物のオムレツだけど、昔のまだそれほど美味しい物がなかった時代のご馳走を再現してるから現代人の口には合わないという触れ込み通り、確かにあまり美味しくなかった。

だからと言って食べられないほど不味くもないんだけど、高いお金を出してまで食べるものではないと思う。実際私たちも当初オムレツを食べる予定はなかったし。夕食でコースを頼んだら、前菜とメインが選べて、何も知らない伯母がオムレツを選んじゃったんだよ。

私たちが食事したレストランはオムレツで有名なプーラールじゃなかったから、私も油断しててっきり普通のオムレツだと思ってたら、出てきたのがそれで。計らずも名物を食べたわけだけど、正直私たちが何時も食べてるオムレツの方が嬉しかったよ。

Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel Mont Saint-Michel
 

<< INFORMATION >>

住所 : Mont Saint-Michel Abbey, BP 22, 50170 Le Mont-Saint-Michel

TEL : +33 (0)2 3389 8000

拝観時間 : 5月2日〜8月31日 9:00〜19:00 / 9月1日〜4月30日 9:30〜18:00

※最終入場1時間前

拝観休止日 : 1月1日、5月1日、12月25日

拝観料 : 大人 9 € / 26歳未満 5.50 € / 18歳未満 無料

※オーディオガイド(仏、英、独、西、伊、日) 4.50 €(ペアで借りると6 €に割引)

アクセス : Paris Montparnasse(パリ・モンパルナス)駅からTGV(高速列車)でRennes(レンヌ)駅まで2時間〜2時間30分。Rennes(レンヌ)駅北口から直通バスでMont Saint-Michel(モン・サン=ミシェル)まで1時間30分。

HP : http://www.mont-saint-michel.monuments-nationaux.fr/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ La Mere Poulard (ラ・メール・プーラール) ++
住所 : Grande Rue BP 18, 50170 Le Mont-Saint-Michel
TEL : +33 (0)2 3389 6868
HP : http://www.merepoulard.com/
最新のコメント
フリースペース2
Information
◆ 著作権について ◆
「我楽旅」内の文章及び画像の著作権は管理人に帰属します。他のブログ・HP・掲示板等への転載・使用・コピーはご遠慮ください。

◆ リンクについて ◆
「我楽旅」はリンクフリーです。報告も必要ありませんので、貼ったり切ったり、ご自由にどうぞ♪
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
フリースペース1
Ranking
ランキング参加中。励みになるので、1日1回ポチッと宜しくお願いします!
ご飯まだ?

何かくれるの?
If you like this blog, please click these banners above once a day. Thank you!
フリースペース3
Follow us
twitter_logo Liv / in Japanese
twitter_logo Kaoloon / in English
フリースペース5
ロンドンバスのすゝめ
ブログで書いている『ロンドンバスのすゝめ』が電子書籍になりました!試し読みもできます。ロンドン旅行のおトモにいかがでしょうか。

ロンドンバスのすゝめ
フリースペース4
Parfum et Prunelle
オリジナルのレース小物・雑貨を販売しています。

iichi creema minne

↓↓facebook↓↓ Parfum et Prunelle
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.