我楽旅 | GARAKUTA

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

記事

一定期間更新がないため広告を表示しています

+ B&B +

独断と偏見指数 : ★★★★★

La Residenza dellOrafo

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から目と鼻の先にある優秀B&B。ここはねー、ほんっと最高のB&Bだった。今まで泊まったホテル、B&B、ユースホステル全部含めて、文句なくNo.1の宿泊施設。

私たちはダブルベッド1台、シングルベッドが2台置かれてる4人部屋に泊まったんだけど、写真を見てわかる通り、シンプルモダンなインテリアで品よくまとめられた室内はとっても綺麗で清潔な上、余裕で全員がスーツケースを広げられるくらいの広さ。

しかも、通常イタリアのホテルには用意されてないポットがインスタントコーヒーやティーバッグと共にちゃんと備え付けられていたのには吃驚。ポットって紅茶王国イギリスでは何処の宿泊施設でも必ず用意されてるけど、他のヨーロッパ諸国では基本的にないんだよね。

フロントに申し出れば貸してくれるところもあるみたいなんだけど、あまり期待はできない。でも此処ではちゃんと備え付けられてて、めっちゃ嬉しかった。

早速フィレンツェ観光に繰り出す前にティーブレイクをしてたら、スタッフのガブリエル(だったと思う…)が“お待たせ”と持ってきたのが何とウェルカム・フルーツ&ウェルカム・ドリンク‼

高級ホテルならウェルカム・フルーツやウェルカム・ドリンクのサービスはあるけど、B&Bだよ!? しかもその内容が半端じゃない。大きなトレイの上に山盛りになったフルーツ籠、焼き菓子&スナック、ミニドリンク+淹れたての珈琲が載ってて、何処の高級ホテル!?状態。

さらには1人1本ずつミネラルウォーターまでサービスされ、最高級ホテル並みの痒いところに手が届くきめ細かなホスピタリティに感嘆を通り越して、ただただ圧倒。

こんな素晴らしいB&Bがあるなんて‼と感心しきり、4人ともラ・レジデンツァ・デッロラフォを褒めちぎってたんだけど、ラ・レジデンツァ・デッロラフォの凄さはこれで終わりじゃなかったんだよね。

彼らのおもてなし精神は最後の最後まで発揮され、チェックアウト後にワインボトルのプレゼント。幾らこっちではワインは安いとは言え、ここまでしてちゃんと利益が出るのかなと心配になったよ。

だって私たち、4人で泊まったから1人当たりかなり安くなったんだよ。それでこれだけのサービスでしょ?逆に赤になってんじゃないかって思っちゃうよ。B&Bだからフロントは24時間じゃないけど、館内はWi-Fi完備(無料)だし、設備的にも問題なし。

フィレンツェに行くなら、もう此処に泊まるしかないよね!

La Residenza dellOrafo La Residenza dellOrafo La Residenza dellOrafo La Residenza dellOrafo La Residenza dellOrafo La Residenza dellOrafo
 

<< INFORMATION >>

住所 : Largo Fratelli Alinari 11, 50123 Firenze

TEL : +39 (0)55 284 622

チェックイン / チェックアウト : チェックイン 14:00 / チェックアウト 10:30

客室 : 8室

宿泊料金 : シングル€60〜、ダブル/ツイン€80〜、トリプル€100〜

アクセス : Stazione di Santa Maria Novella

HP : http://www.laresidenzadellorafo.it/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ Grom (グロム) ++
住所 : Via delle Oche 24-red 50122 Firenze  TEL : +39 (0)55 216 158
営業時間 : 夏季 10:30〜24:00 / 冬季 11:00〜24:00
定休日 : 無休  HP :
http://www.grom.it/
+ 観光名所 +

独断と偏見指数 : ★★★★☆

Basilica di Santa Maria Novella

世界最古の薬局であるサンタ・マリア・ノヴェッラの母体となったのがこのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。この教会を建設したドミニコ会の修道士が薬草を栽培し、薬剤を調合したのがそもそもの始まりで、現在まで脈々と続くブランドになったわけ。

現在のサンタ・マリア・ノヴェッラは薬局ではなく、オーガニック・コスメ・ブランドだけど、当時からのレシピそのままの商品もあるから凄いよね。

さて、そんな修道士たちが所属していたサンタ・マリア・ノヴェッラ教会は13世紀〜14世紀にかけて今の形になったもの。初期ルネサンスの建築家レオン・バッティスタ・アルベルティが手掛けたファサードは2008年に修復を終えたばかりで、通りでめちゃくちゃ綺麗だと思ったよ。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会って正面と横って別の建物かと思うくらい外観がかけ離れてて、駅から歩いてきて正面に回ったときに、あまりに予想と違ってビックリ。てっきり正面も茶色のゴシック風な建物かと思ってたら随分ファンシーな外観で、それまでふーんって感じだったのが、一気に気に入ったからね(笑)

時間がなくて内部は見学できなかったんだけど、東方キリスト教会とローマ・カトリックの宗教会議が開かれた由緒ある教会で、イタリア・ルネサンスを代表する芸術家の作品も多数所蔵・展示されている見所満載の教会。

その割にイマイチ知名度が低いのはたぶん薬局の方が有名だからだろうね。私を含め、みんなこの教会を素通りしてスカーラ通りに行っちゃうんだろうな(笑)私も可愛い教会♪、中入ってみたーいと思いながらも足を止めず、サンタ・マリア・ノヴェッラの中に入って行ったからね。

しっかし、ほんとフィレンツェはたった1日しか滞在しなかったのが悔やまれるなぁ。訪れた3都市の中で一番気に入っただけに尚更。フィレンツェだけはもう1度行きたいけど、何時行けるかなぁ。。。

Basilica di Santa Maria Novella
 

<< INFORMATION >>

住所 : Piazza Santa Maria Novella 18, 50123 Firenze

TEL : +39 (0)55 219 257

拝観時間 : 月〜木 9:00〜17:30 / 金 11:00〜17:30 / 土&祝前日 9:00〜17:00

【日曜日&祝日】7月〜9月 12:00〜17:00 / 10月〜6月 13:00〜17:00

※最終入場45分前

拝観休止日 : 無休

拝観料 : 大人 € 5.00 / 65歳以上 € 3.50 / 5歳未満 無料

アクセス : Stazione di Santa Maria Novella

HP : http://www.chiesasantamarianovella.it/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ IL RE GELATO (イル・レ・ジェラート) ++
住所 : Viale Filippo Strozzi 8/r, 50139 Firenze  TEL : +39 (0)55 495 939
営業時間 : 月 8:00〜17:00 / 火〜日 8:00〜22:00  定休日 : 無休
+ 観光名所 +

独断と偏見指数 : ★★★★★

Battistero di San Giovanni

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に付属するサン・ジョバンニ洗礼堂は、大聖堂を構成する3つの建物(大聖堂、サン・ジョバンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼)で最も古い建物。1202年に完成したロマネスク様式で、元々は礼拝堂として使用されていたそうだけど、大聖堂建立に伴って、洗礼堂になったのだとか。

フィレンツェにはたった1日しかいなかったから、サン・ジョバンニ洗礼堂に限らず、大聖堂もジョットの鐘楼も外観だけ。中に入ってゆっくり見学する時間的余裕はなかったよ。だって何はなくともウフィツィ美術館は外せないからねー。

それに観光だけじゃなくショッピングもしたかったし。そんなわけでウフィツィ美術館以外は外見をさらっと流すだけになったのが残念。サン・ジョバンニ洗礼堂は東側にある扉、通称『天国の門』が有名らしく、いつも黒山の人だかりとか。

って、もしかして写真に写ってる!? 確かに人が群がって何やら写真を撮ってるっぽい。その横を通って大聖堂に向かったのに全然気づかなかったよー(><) って、視線はひたすら上のクーポラ見てたからなんだけどさ。

『天国の門』は天才ミケランジェロがそう呼んで絶賛したから現在に至るまで『天国の門』として定着したんだけど、現在の扉は実はレプリカ。本物はドゥオーモ付属博物館に所蔵されてます。

『天国の門』は金メッキを施した青銅の扉に左右5枚ずつ、計10枚の旧約聖書の重要な場面を描いたパネルがはめ込まれています。『原罪』や『ノアの箱舟』、『カインとアベル』『モーゼの十戒』『ソロモン王とシバの女王』など、クリスチャンじゃなくても知っている物語ばかり。

でも、これで何で『天国の門』なんだろ。教えて、ミケランジェロ‼
 

<< INFORMATION >>

住所 : Piazza del Duomo 50122 Firenze

TEL : +39 (0)55 230 2885

拝観時間 : 11:15〜19:00 / 金&第1土曜日 8:30〜14:00

※聖木曜日、聖金曜日、聖土曜日、イースターマンデー、4月25日、5月1日は8:30〜19:00
※10月30日は臨時閉鎖、11月2日は8:30〜15:00
※最終入場30分前

拝観休止日 : 1月1日、イースター、9月8日、12月24日、12月25日

拝観料 : € 5.00 ※6月24日は無料

【共通チケット:サン・ジョヴァンニ洗礼堂+サンタ・レパラータ聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の旧聖堂)+ジョットの鐘楼+美術館】€ 15.00

【共通チケット:サン・ジョヴァンニ洗礼堂+サンタ・レパラータ聖堂+クーポラ+ジョットの鐘楼+美術館】€ 23.00

アクセス : Stazione di Santa Maria Novella

HP : http://www.operaduomo.firenze.it/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 リヴたんのお役立ち情報 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

++ Gelateria Carabè (ジェラテリーア・カラベ) ++
住所 : Via Ricasoli 60/r 50122 Firenze  TEL : +39 (0)55 289 476
営業時間 : 10:30〜25:00  定休日 : 無休
HP :
http://officinagelato.wix.com/carabe
最新のコメント
フリースペース2
Information
◆ 著作権について ◆
「我楽旅」内の文章及び画像の著作権は管理人に帰属します。他のブログ・HP・掲示板等への転載・使用・コピーはご遠慮ください。

◆ リンクについて ◆
「我楽旅」はリンクフリーです。報告も必要ありませんので、貼ったり切ったり、ご自由にどうぞ♪
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
フリースペース1
Ranking
ランキング参加中。励みになるので、1日1回ポチッと宜しくお願いします!
ご飯まだ?

何かくれるの?
If you like this blog, please click these banners above once a day. Thank you!
フリースペース3
Follow us
twitter_logo Liv / in Japanese
twitter_logo Kaoloon / in English
フリースペース5
ロンドンバスのすゝめ
ブログで書いている『ロンドンバスのすゝめ』が電子書籍になりました!試し読みもできます。ロンドン旅行のおトモにいかがでしょうか。

ロンドンバスのすゝめ
フリースペース4
Parfum et Prunelle
オリジナルのレース小物・雑貨を販売しています。

iichi creema minne

↓↓facebook↓↓ Parfum et Prunelle
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.