我楽旅 | GARAKUTA

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

記事

一定期間更新がないため広告を表示しています

Zupa grzybowa & Sledzie w oleju

BaltMet Promoが企画したベルリン&ワルシャワ旅行のコンセプトは『暮らすように旅する』。現地の人と同じ物を見て、同じことをして、同じ物を食べる。そのコンセプトに則って、ワルシャワでは一般家庭のディナーに招待していただきました。

場所はBaltMet Promoから依頼され、ワルシャワでの旅程をアレンジしたメロディ・ツアーのKamilaさんのご両親のお宅。つまり、Kamilaさんの実家ですね。Kamilaさんは結婚して実家の近所に住んでるんだけど、夫婦共働きなので日中は娘のNinaちゃんをお祖父ちゃんお祖母ちゃんに預かってもらっているのだそう。

お家にはNinaちゃんグッズが溢れかえってました(笑) 小さな子供がいる家庭はみんなそうだよね。もうこのNinaちゃんがめちゃくちゃ可愛くて!! 正しく天使のようでした。Kamilaさんによると、とてもシャイな子らしいんだけど、最初からたくさんお喋りしてくれて嬉しかったな。

もちろん、彼女が言ってることはわかりません。でもお父さんのTomekさんもKamilaさんの妹のIrminaちゃんもわからないって言ってたので問題なし(笑) それに言葉が通じなくても会話は成り立つしね。

Kamilaさんのお父さんは教授で、おうちには立派な書斎がありました(下の写真群の一番左上)。一番右上は古いタイプライターで、お父さんが若い頃使っていたもの。レトロですごく味があるよね。KamilaさんもIrminaちゃんも小さな頃お父さんがそれを使ってたのを覚えてるって言ってた。

Kamilaさんの実家にはバスルームとシャワールームがあって、Kamilaさんが住んでた頃は女性3人だったからきっと便利だっただろうね。でもポーランドってシャワーとバスルームで一辺にお湯を使っても大丈夫なのかなぁ?

例えばイギリスなんかはお湯の量に限りがあって(大分改善されてきてるけど)、限界量を越えると、突然水になって悲惨な目に遭うんだよ。恐ろしいことにそれがホテルであってもね。さすがに高級ホテルではそういう心配はないとは思うけど。

夏でも涼しいヨーロッパで、冬にそんな目に遭ったりしたら、どんな拷問かと思うよ。だからお風呂が2つあるのはいいんだけど、ポーランドではその辺どうなんだろうってちょっと思った。でもフランスやイタリアのホテルはお湯の出がよかったから、大陸の方は水道事情がいいのかも。

Irminaちゃんは私がお邪魔したときはまだ実家に住んでたけど、そのうち職場近くで1人暮らしをするって話してたから、今はもう実家を出てるかもね。

そのIrminaちゃんと部屋をシェアしてたのが御年17歳になる犬のDuma。人間で言うと84歳という高齢だけど、とてもそうは見えないくらい元気で、とっても美人さんでした。ちなみに、うちのリヴは今11歳。Dumaみたいに長生きしてくれるといいなー。

書斎の下の写真はご両親の寝室で、その横にあるのがご両親のウェディング写真です。美男美女のカップルだよねー。羨ましい。特にお母さんは今も変わらずほんとに綺麗で、そんな両親に似たKamilaさんとIrminaちゃんは美人姉妹です。

シャワールームの右隣はドライフラワーにした大輪のバラ。確か、ちょっと記憶があやふやだけど、Kamilaさんのお祖母ちゃんが作ってくれたんじゃなかったかな。うちの母も昔はよくドライフラワーを作ってたけど、最近は見かけなくなっちゃった(笑)

そしてお待ちかねのディナー。前菜、スープから始まり、サラダ、メイン、デザートまで、家庭でフルコースを味わえるなんて凄いよね。そしてそれを作っちゃうお母さんはもっと凄い。

もちろん料理はどれもとっても素晴らしく、個人的に特に気に入ったのがスープと(ポーランドのスープは最高!!)、スープの写真の右隣にある、これはピエロギの1種…になるのかな?パイ生地の中に具がたくさん入ってて、とても美味しかったです。

上の写真に写ってるのはポーランド料理の定番、キノコのスープ(Zupa grzybowa)とニシンのマリネ(Sledzie w oleju)です。ニシンはポーランドで広く食べられている魚なんだって。ヨーロッパの人が青魚を食べてるイメージがなかったから意外だった。

デザートのケーキは2種類。どちらも中にフルーツがたっぷり入っていて、めちゃくちゃ美味しかったです。一番左下のメレンゲでコーティングされたケーキは、Kamilaさん作の砂糖なしのヘルシーケーキ。もう一方はお母さん作です。

こんな見事なケーキをパパッと作れちゃう親子って素敵。うちの母も私と妹が子供の頃は毎週のようにケーキを焼いてくれたものだけど、もう随分ご無沙汰だよ(笑)

ホスピタリティ精神に厚いポーランドの人たちは、客人が来ると心から歓待する民族だそうで、私もこの夜、まるで古くからの友人のような暖かいもてなしを受け、あんまり楽しくてあっという間に時間が過ぎ、帰る時間になったとき、もうこんな時間?と驚いたほど。

快く招いてくれたKamilaさんとその家族に感謝感謝です。

書斎 トイレ バスタブ タイプライター 寝室 ウェディング写真 シャワールーム ドライフラワー ディナー スープ 前菜 キッチン 食器棚 サラダ&ポテト ポーランド料理盛り合わせ ケーキ ケーキ ケーキ盛り合わせ 折り紙

@Kaoloon

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!

Comment

commentAnchor71
はじめまして、cherry blossomさん。
コメントありがとうございます。

少しでもこのブログがお役に立てたなら、幸いです。ワルシャワ滞在は実質4日いて、4日もいれば十分だろうと思っていたんですが、4日では全然足りませんでした(笑)また是非行きたいと思います。

確かに日本からだとクラクフがメインですよね。日本の京都みたいに古都で旧い街並みが残っているから人気なのはわかるんですが、ワルシャワもとてもよかったので、もっと多くの人にワルシャワの魅力をわかってもらえたらいいなと思ってます。
Kaoloon | 2012/01/19
commentAnchor70
はじめまして、元自称ワルシャワっ子さん。
コメントありがとうございます。

ポーランドって日本みたいにお湯を使い放題なんですね。素晴らしい。私は以前イギリスに住んでいたんですが、イギリスは水道事情が悪いので、お湯の心配は付いて回りました。

でもお風呂にセントラルヒーティングがあるのは嬉しかったです。寒い思いをしなくて済むので。というか、ヨーロッパの冬は寒いけど、1歩室内に入るととても暖かいのはいいですよね。
Kaoloon | 2012/01/19
commentAnchor69
こんにちは、はじめまして。

現在ワルシャワに住んでいますが、実際住んでいると気合いを入れてどこかに行く・・という事も少ないので、「こんな所もあったのね〜」とブログを読んで再認識しました。
ありがとうございます。

「クラコフに行った事がある」という日本人はちらほらいますが、「ワルシャワに滞在して」という方はあまりいないので、もっとワルシャワを楽しんで頂ければ嬉しいです。
cherry blossom | 2012/01/19
commentAnchor67
はじめまして。

温水(熱水)ですが、発電所から供給されていますので市内の住宅や団地であれば使い放題です。
暖房もこの温水を各部屋のラジエーターに通して使います。
お風呂にもラジエーターがあるので、真冬でもお風呂の空気はポカポカですよ。
というより真冬のポーランドの住宅内はむしろすごく暑いのでみんな半袖です。
ときどき窓を大きく開けないと脱水症状を起こしそう。
普通の家庭ではみんな洗濯物をお風呂で干します。

郊外や田舎では各戸でボイラー給湯器を使います。
元自称ワルシャワっ子 | 2012/01/16

Trackback

最新のコメント
フリースペース2
Information
◆ 著作権について ◆
「我楽旅」内の文章及び画像の著作権は管理人に帰属します。他のブログ・HP・掲示板等への転載・使用・コピーはご遠慮ください。

◆ リンクについて ◆
「我楽旅」はリンクフリーです。報告も必要ありませんので、貼ったり切ったり、ご自由にどうぞ♪
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
フリースペース1
Ranking
ランキング参加中。励みになるので、1日1回ポチッと宜しくお願いします!
ご飯まだ?

何かくれるの?
If you like this blog, please click these banners above once a day. Thank you!
フリースペース3
Follow us
twitter_logo Liv / in Japanese
twitter_logo Kaoloon / in English
フリースペース5
ロンドンバスのすゝめ
ブログで書いている『ロンドンバスのすゝめ』が電子書籍になりました!試し読みもできます。ロンドン旅行のおトモにいかがでしょうか。

ロンドンバスのすゝめ
フリースペース4
Parfum et Prunelle
オリジナルのレース小物・雑貨を販売しています。

iichi creema minne

↓↓facebook↓↓ Parfum et Prunelle
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.