我楽旅 | GARAKUTA

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

記事

一定期間更新がないため広告を表示しています

+ マーケット +

独断と偏見指数 : ★★★★★

Kalnciema kvartāls

マーケット好きな私。旅行すると、基本的にそこで開催されてるマーケットに足を運ぶんだけど、リガの中央市場は広すぎる上、私が求めてるマーケットとちょっと、いや大分違って、正直あんまり好みじゃなかった。

何かさ、もうちょっとこじんまりしてて、肉や魚じゃなくて、いやフードマーケットも好きなんだけども、生鮮食品よりもフルーツとかスウィーツ系がいいんだよね。

だからリガには私が行きたいマーケットはないのかなぁって残念に思ってたら、あったよ。私好みのマーケットが。こんなところに。

場所は旧市街から西へ、ダウガヴァ川を越えてバスで10分くらいのカルンツィエマ・クヴァルタゥス。ここは伝統的なヨーロッパの木造建築が立ち並んでいる一角で、1年を通してマーケットや野外コンサートなど様々なイベントが行われているエリア。

ガイドブックには載ってなかったから1人旅でリガに来たときはこんな素敵なマーケットが開催されてるなんて全く知らず、2回目の取材旅行で案内されて初めて知ったんだけど、こういうのこそガイドブックに載せなきゃダメじゃん。旅好き女子にはマーケット好きな人が多いんだから。

カルンツィエマ・クヴァルタゥスのマーケットは規模こそ小さいけど、木製玩具ありキャンドルあり子供服あり、ハンドメイドソープやスウィーツ、フルーツ&野菜などなど、多彩なストールが軒を連ね、見てるだけでも楽しめます。

まだまだ観光客に知られてない、断然地元客が多いマーケットなので、上の写真のお母さんみたいに年配の出店者は英語があまり話せない人もいるけど、見ての通り、とってもフレンドリーに対応してくれました^_^

手作りジャムを売ってたんだけど、私が質問したら片言の英語で一生懸命説明してくれたし、お土産にと購入したジャムもとっても美味しくて◎

瓶って重いから1つしか買わなかったんだけど、もう1つくらい買えばよかったな。パッケージも可愛くて、ジャムを食べ終わっても色々使えるし。

旧市街から外れてるので、ちょーっと行きにくいかもしれないけど、頑張っても行く価値ありのマーケットです。

Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls Kalnciema kvartāls
 

<< INFORMATION >>

住所 : Kalnciema iela 35, Rīga LV-1046

TEL : +371 2940 2027

開催日 : 土曜日

開催時間 : 10:00〜16:00

※5月24日〜9月30日までの期間は通常のマーケット以外に、毎週木曜日17:00〜23:00に小規模なマーケット+野外コンサートが開催されます。入場無料。

アクセス :【トロリーバス】Melnsila iela / Kapseļu iela - 5番、7番、9番、25番 / 【トラム】Kalnciema iela - 4番、5番

HP : http://www.kalnciemaiela.lv/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 1日1回、わん!クリックお願いします 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!
+ 観光名所 +

独断と偏見指数 : ★★★☆☆

Kaķu nams

リーヴ広場に面した黄色い壁の家の屋根。よく見ると、猫がいます。これには逸話があって、この建物の向かいには今はコンサートホールになってるけど、嘗ては大ギルド会館があったのね。

ギルドって言ったら、ここで歴史の授業を思い出してほしいんだけど、ヨーロッパで中世から近世にかけて商工業者の間で組織された職業別組合のこと。

リガはドイツ商人が発展させた街なので、昔はドイツ商人が支配的で、リガにおけるギルドにもドイツ人しか入会できなかったんだよ。

で、そのことに怒った、この猫の家の主であるラトヴィア商人が腹いせに自分の家の屋根にギルド会館にお尻を向けた猫を設置。

私にしたら、というか今となっては誰も気にしないと思うけど、当時は猫の置物であれ、お尻を向けるというのはとても屈辱的なことだったらしく、ギルドに所属していた商人たちはカンカン。

とは言え、人の家のことだからもちろん勝手に取り外したりできるわけもなく、恐らく脅したり宥めたり賺したり、あの手この手で猫の向きを変えさせようとしたものの、総て功を奏さず、結局彼をギルドに加えたのだとか。

晴れてギルドに入れたラトヴィア商人はその後猫の向きを変え、それが今ある形ということだそうだけど、まぁ何というか、平和的に解決できてよかったねって感じだね(笑)

Kaķu nams Kaķu nams Kaķu nams Kaķu nams Kaķu nams Kaķu nams Kaķu nams
 

<< INFORMATION >>

住所 : Meistaru iela 10/12, Rīga LV-1050

アクセス : 旧市街、リガ大聖堂から徒歩2分

HP : なし

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 1日1回、わん!クリックお願いします 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!
+ 観光名所 +

独断と偏見指数 : ★★★★☆

Jugendstil

ユーゲントシュティール…アール・ヌーヴォーのドイツ語圏版で、つまりは「新しい芸術」ということ。

リガにはアール・ヌーヴォー、ユーゲントシュティール建築がたくさん残ってて、特に集中してるのが新市街のアルベルタ通り周辺。リガのユーゲントシュティールの旗手ミハイル・エイゼンシュテインが手掛けた建築群をたくさん見ることができます。

上の美しいらせん階段が印象的な写真はアルベルタ通り12番地の建物。現在はユーゲントシュティール博物館になってるので、中に入ることが可能です。

ガイドのウギスが言ってて面白かったのが、外から見える通りに面してる正面部分は美しく装飾されててとても凝ってるけど、1歩中に入った、外からは見えない裏側に回ると…あら不思議。

正面の豪華さは見る影もなく、質素でみすぼらしい建物に早変わり。ウギス曰く、その昔、建物の裏側は使用人の部屋が集まってたので、雇い主はそこに手やお金をかけようとはしなかったのだとか。

今まで色んなヨーロッパの歴史的建築を見てきたけど、ここまで表と裏ではっきり違うのってなかなかない気がする。どこの国でも豪華にするときは裏だろうが表だろうが隅から隅まで手を抜かず豪華にするし、そうじゃない建物は全部が質素だし。

見えるところだけ整えるって合理的なドイツ人だから?いや、これらの建物がドイツ商人のものだったかは知らないけどさ。ユーゲントシュティールって言うからそうかなって勝手に。あとリガってそもそもドイツ商人が開いた街だからね。

でも、そうだとしてもドイツには素敵なお城がたくさんあるのにね。ああでもそれはお城であって、お金持ちであっても一般庶民の建物じゃないか。

Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil Jugendstil
 

<< INFORMATION >>

住所 : Alberta iela, Rīga LV-1010

アクセス :【トロリーバス】Elizabetes iela - 1番、19番、24番

HP : http://www.jugendstils.riga.lv/

周辺地図
 

※掲載している各種情報は、記事作成時を基準にしています。時間の経過とともに変更されている可能性がありますので、事前にホームページやガイドブックなどで最新情報を確認してください。
 
@Kaoloon

 1日1回、わん!クリックお願いします 

お腹空いたの〜 ご飯ちょーだいっ!
最新のコメント
フリースペース2
Information
◆ 著作権について ◆
「我楽旅」内の文章及び画像の著作権は管理人に帰属します。他のブログ・HP・掲示板等への転載・使用・コピーはご遠慮ください。

◆ リンクについて ◆
「我楽旅」はリンクフリーです。報告も必要ありませんので、貼ったり切ったり、ご自由にどうぞ♪
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
フリースペース1
Ranking
ランキング参加中。励みになるので、1日1回ポチッと宜しくお願いします!
ご飯まだ?

何かくれるの?
If you like this blog, please click these banners above once a day. Thank you!
フリースペース3
Follow us
twitter_logo Liv / in Japanese
twitter_logo Kaoloon / in English
フリースペース5
ロンドンバスのすゝめ
ブログで書いている『ロンドンバスのすゝめ』が電子書籍になりました!試し読みもできます。ロンドン旅行のおトモにいかがでしょうか。

ロンドンバスのすゝめ
フリースペース4
Parfum et Prunelle
オリジナルのレース小物・雑貨を販売しています。

iichi creema minne

↓↓facebook↓↓ Parfum et Prunelle
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.